春香大名制作日記

チラシの裏です。ということで好きなように書いていたらただの日記に。リンクフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっとできた



1話目の画質改良版と2話目が何とかできあがりました。

 2話目は長くなりそうだったので、予定の半分の所で切ることになりましたが、一条さんの話がちょうど1話目とセットになる感じなので、かえって良かったかもしれません。怪我の功名というやつでしょうか。

 1話目のことをメモ的に。
 紙芝居で書くべき事は決めておいて、あとの掛け合いなどは作りながらアドリブで(VS9 SE使用)直接書いていったのですが… 本当はあんなに漫才が展開する予定ではなかったのです。うーん。勢いって怖いですね。

5~6話分くらいゲーム画面は録画してあるので、またすぐ続きを作りたいです。
2話について

冒頭は短くまとめるのが結構難しかったのと、春香っぽい文章というのが難しかったです。
「遺文」なのは、日記っぽいけど書簡の一部とも書き付けとも取れる内容なので。まあ後世に、天海春香が書いたとされる文書を集めたものが出版されているみたいなイメージで。ただし文書の真贋は不明。

内容は「内政が進みましたー」くらい。あとは、一条さんの遠乗りの話の結びです。

仮想シナリオの世界だから、武将の性格がちょっと変わっていることもある筈だ、と考えています。
何というか、タイムスリップものではなく、異世界ファンタジーの類だというイメージ。

性格が大幅に変わっている予定の武将もおります。登場するまで生きていて欲しいなあ(討死が「多い」の設定になっているので)。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。