春香大名制作日記

チラシの裏です。ということで好きなように書いていたらただの日記に。リンクフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合作のお話

2008年2月P合作、本当にびっくりするくらいに盛況で嬉しい限りです。

さて、自分の関わったパートについて少し書いておこう…と思ったらものすごく長くなりました。
以下格納。


【動画】
 動画制作ではストーリーパートの4つ目(最後)の部分を担当しました。
 ・時間は1~2分弱くらい
 ・春香さん主役で、アイドル全員登場
 さらに、締めの部分にあたるのでエンディングに繋ぐように、前のお三方のストーリーパートをなるべく引き継いで行きたいとか色々考えたこともあって、かなり悩みつつ作りました。賑やかな765プロっぽい感じが出たでしょうか…?
 制約が多かったので、春香さんはちょっと不憫な役回りになってしまいました。ごめんなさい、春香さん!ホワイトデーくらいにはちゃんと埋め合わせするから!(一番可哀相だったのは社長なんですが。)でも、やっぱりちゃんとお約束を抑えて、バレンタインの歌詞ともリンクさせて、短い中で山と谷を作って、となると、自分の力ではこんな感じになってしまいます。
 社長がチョコをかぶったり、台詞を色分けしたりというのは、今回の合作の打ち合わせ中に出てきたアイディアです。一人では出てこないようなものが作れるというのは、やっぱり楽しいですね。
 
 なお、動画提出がかなり遅れました。編集担当の慈風Pにはご迷惑をおかけしました。
 前後のG様Pとひろ。Pのパートは早い段階でかなり出来上がっていて、しかもすごい出来で「これは下手なものは間に挟めないぞ…」と考えつつ作ってました。

【音】
 音関係でも色々やらせて貰ってます。
 自分のストーリーパートでは、小鳥さんの登場部分に、てってってーのリズムに乗せた「空」を、どんがらがっしゃーんの後では、「バレンタイン」のピアノバージョンを作って使っています。「バレンタイン」は珍しく手弾きです。ペダリングが下手なのは仕様です。「空」は締め切り当日の仕事中に思いついて、帰ってから慌てて打ち込みはじめたりとか。それで一層提出が遅れたりしたのですが、使ったのは一瞬だけという。
 
 全体の曲の繋ぎをAruPと共同でやっています。
 使用楽曲の決定後、曲順や繋ぎ方などAruPが作ったものを元に、自分のアイディアも加えてメドレー音源にしました。
 12月下旬に一旦完成させた後も、最後の頃まで調整を繰り返していました。最終編集担当の慈風Pには何度も音源を差し替えて貰いました。ご迷惑かけっぱなしですね…。
 それ以外でやったことを以下列挙。

 ・「チョコレイト・ディスコ」(動画:慈風P、律子ロイド:ピロ彦P)のミキシング 
ピロ彦Pが作られた律子ロイドの歌声のミキシングをやっています。原曲の中音域の一部をEQでちょっと落としつつ、人力の律子ロイドであることが分かるぎりぎりの線で調整しました。ボーカルを加工しまくる中田ヤスタカの気持ちがちょっと分かったかも(笑)
 しかし、この人力はすごいですよね!

 ・寅PストーリーパートBGM
 寅Pのストーリーパート(伊織・やよい・亜美・真美)のBGMを作りました。
 TOWN(てってってー)とバレンタインを混ぜる、というのは打ち合わせ中に思いついて作ったのですが、実際に使われる事になるとは。
 寅Pの動画がすごく素敵だったので、邪魔にならないようにと考えつつ、マリンバを中心にころころ可愛い感じを意識してます。が、ちょっと高音部がきつくなってしまいましたね…。SC-D70+JUNO-Dの音に、マリンバとティンパニはGARRITAN PERSONAL ORCHESTRAの音を混ぜてます。
 ラストは静かなバレンタインを。劇伴好きとして、動画に合わせて曲をアレンジするのは一度やってみたかったので、今回は貴重な経験ができました。SONAR上で動画をトラックに乗せて、見ながらタイミングを調整しました。

 ・チョコボールCMソング(動画:小鳥よしおP)音源リミックス
 チョコボを混ぜたこの奇怪な音源を受け取った小鳥よしおPはさぞ困惑されたことかと思いますが、出来上がってきた動画のクオリティの高さにびっくりしました。すげー。
 後半のチョコボ部分はののヮさんが空を飛んでいるので、浮遊感が出るように音を足したり、不思議な世界観に合わせてストリングスを調整したり、色々やってます。寅Pのパートでもそうでしたが、絵に合わせて音を作っていくというのはすごく楽しかったです。
 最初はテクノポップ風にしようと思っていたのに、気がついたらチョコボを弾いていた。なぜだろう。

 ・We love Marienes(動画:めるりP)音源リミックス
 この曲の担当になっためるりPはさぞ大変だったかと思うのですが、また妙なリミックス版を受け取られてさらに困惑されたことと思います。めるりPの普段の作風とはかなり違う方向性なのに、きっちり監督で担当パートを作ってこられたのは流石の一言。
 かなりBPMを上げているので、原曲が遅く感じられてしまうようになりました(笑)

 というわけで、自分が関わっている部分はこれくらいですね。
 20分超の長い動画ですが、その分ゆっくりと楽しんでいただけるものになったと思います。
 
 応援してくださった皆様、見ていただいた皆様に感謝を。
そして、一緒に動画を作った2月Pのみなさん。本当に楽しかったです!お疲れさまでした!
 最後に、今回取りまとめ役になってくれたひろ。P、ありがとうございました!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harukadaimyo.blog116.fc2.com/tb.php/549-309de783
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。